スペシャルマーケティング

実戦で使えなければ机上の空論です。営業やマーケティングの現場は正に「戦場」です。

ドトールの単価向上策

ドトールの単価向上策

ドトールの単価向上策

このエントリーをはてなブックマークに追加

コーヒー1杯180円しかなかったドトールが、Mサイズ、Lサイズを導入したのは、90年代後半です。

もしドトールを利用することがあれば、メニューをよく見て下さい。コーヒーのS\200、M\250、L\300の中で、Mサイズが大きく取り上げられているはずです。

SサイズよりはMサイズを頼んでいただければ単価が上がります。

メニューはお客様と接する大事なツールです。

このような顧客接点に戦略が反映された時、「単価向上」という戦略が初めて効果を持つのです。

顧客接点でそれを反映させるという連動が必要であり、どちらかだけではダメなのです。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です