スペシャルマーケティング

実戦で使えなければ机上の空論です。営業やマーケティングの現場は正に「戦場」です。

ニーズの深さとは

ニーズの深さとは

ニーズの深さとは

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブランドロイヤルティが高い

広さに対して、購買・ブランド選択により強いこだわりを持つ商品・サービスが、ニーズが「深い」商品です。

ニーズが深いブランドは、ロイヤルティが高いということです。

特定のブランドに対しての深さもありますし、商品のカテゴリによっても深さが違います。

趣味性が高く、マニアックなカテゴリであればあるほど、ニーズが深くなります。

ニーズの深い、浅いはニーズの広さにかかわらずあり得ます。

ニーズが深い商品の典型はたばこです。

愛煙者はたばこのブランドを変えることは滅多にしません。

「たばこ買ってきて」と頼む時は、必ずブランドの指定があります。

逆に、ミネラルウォーターはニーズが浅い商品といえます。

「ペットボトルの水買ってきて」とお願いする(される)時、ブランドを指定する(される)のは稀でしょう。

リピート率が高い

ニーズが浅い商品は、頻繁にブランドスイッチ(切り替え)が置きます。

ニーズが深ければ起きにくく、同じものを買い続けます。

ニーズが深い商品・サービスは浮気されにくく、リピート率が高いのです。

1万円の商品でも、10人のお客様に100回買っていただくようなリピートが多い売上構造になります。

価格感応度が鈍い

ニーズが深いほど、価格感応度が鈍くなります。特定のブランド、商品、店でなければならないということですから、多少高くても売れるのです。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です