スペシャルマーケティング

実戦で使えなければ机上の空論です。営業やマーケティングの現場は正に「戦場」です。

マインドフローと戦略BASiCS

マインドフローと戦略BASiCS

マインドフローと戦略BASiCS

このエントリーをはてなブックマークに追加

マインドフローと戦略BASiCSは相互関係にあります。両方を同時に使うと、より多角的に分析できます。

●Asset(資産)、Strength(強み

興味・比較:競合他社と比較された時、自分の商品・サービスの強みが伝わっていれば、選んでもらえる確率が高まります。

利用・愛情:自分の商品・サービスの強みを十分理解される使い方をしてもらえれば、リピート率がより高まります。そのようなマニュアル作成の方法を工夫することができます。

●Customer(顧客

マインドフローの全ての関門に影響します。お客様によって、障害になる関門が違うからです。

面倒くさがりな人だったら「行動」が、世間の動きを気にしない人は「認知」が関門になったりします。

●Sailing message(売り文句)

認知・興味:競合他社よりも目立つ、より興味を引く広告を作る必要があります。

比較:売り文句が魅力的なら、競合商品・サービスとの比較に勝つことができます。

では、あなたの商品・サービスのついてのマインドフローを作って検討してみて下さい。

チャート利用前と比較し、改善ポイントに相違があるかを確認しましょう。

あなたの商品・サービスのマインドフロー
潜在顧客の大河

お客様の状態

改善ポイント

認知

↓→

→↑
興味

↓→

→↑
行動

↓→

→↑
比較

↓→

→↑
購買

↓→

→↑
利用

↓→

→↑
愛情

→→

→↑


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です