スペシャルマーケティング

実戦で使えなければ机上の空論です。営業やマーケティングの現場は正に「戦場」です。

質問コーナー

質問コーナー

質問コーナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

Q1お客様のセグメントが複数ある場合はどうなりますか?

A.男性の10代と40代では、男性化粧品の普及率は相当違うでしょう。

両方のセグメントを狙っている場合、マインドフローを2枚書くことになります。

1枚に混在すると混乱しますし、数値がした時に誤解を招く数字が出てきます。

 

Q2数値化しないとダメですか?

A.数値化できなければ、類似点を基にして物事を測る、類推をして、なるべく多くの人のチェックを受けることをお勧めします。

特にマインドフローは、数値化を強く推奨します。

お客様が止まっているのがどの段階かが把握できていないと、戦略構築の上で大きな障壁になるからです。

特に、社内政治がありそうな場合は絶対と言っていいほど必要です。

数字がないと水掛け論となり、声の大きい方の意見が通ってしまいます。

数値化したからといって社内政治はなくならないでしょうが、戦略的な議論へ舵を取るくらいはできるでしょう。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です